Shareで「逆転裁判」などアップロードしていた会社員男性を逮捕 – 兵庫県警

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は8月18日、兵庫県警少年育成課、生活安全企画課と伊丹警察署が、ファイル共有ソフト「Share」を通じてニンテンドーDS用ゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、兵庫県西宮市の会社員男性(38歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで8月17日に逮捕したことを公表した。

発表内容によれば、この男性は年7月14日頃にカプコンが著作権を有する「逆転裁判3」「逆転裁判 蘇る逆転」、同じく任天堂が著作権を有する「Newスーパーマリオブラザーズ」「マリオカートDS」を、Shareを通じて権利者に無断でアップロードし不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。

兵庫県警の捜査員がサイバーパトロールで発見し、ACCSを通じて著作権者に連絡が行われ、今回の逮捕に至った。逮捕に先立って行われた男性宅の家宅捜索では、パソコン、ハードディスク、ファイル共有ソフトに関する書籍などが押収されている。

男性は容疑を認めており、警察の調べに対し「ダウンロード速度を安定させるためアップロードしていた」「ニンテンドーDS用ゲームソフトは自分で遊ぶためにダウンロードした」などと供述しているという。

警察の調べによると、Shareでアップロードしていたファイルはゲームソフト、アニメ動画、漫画作品、音楽PV、わいせつ動画など約1.6TBであったとのこと。