5人に1人はAmazonでお買い物?! comScoreレポート

データ調査会社であるcomScoreは8月17日(米国時間)、同社のcomScore Media Metrixサービスをもとに、グローバル展開しているストアサイトやオークションサイトについてのレポートを発表した。同レポートによれば、2011年6月にAmazonのサイトを訪れたユーザーは2億8223万人で、世界規模で最もリーチのあるサイトとなり、全世界のインターネットユーザーの20.4%が訪れているとしている。

同様にインターネットユーザーに占める訪問者の割合は、eBayが16.2%、TaobaoやAlibaba.comなどのサイトを持つ中国のAlibaba.com Corporationが11.3%、Apple.com Worldwide Sitesが9.7%、楽天が4.2%となっている。

2011年6月 ストア・オークションサイト訪問者数

なお同調査の対象となっているのは、15歳以上の家庭または職場からのインターネット利用者で、インターネットカフェや携帯電話・スマートフォンからのアクセスは除外されている。

サイトに訪れたユーザーの地域属性を見ると、Amazonでは北米からのアクセスが35.4%、ヨーロッパが31.8%、アジアパシフィックが24.1%で世界中にユーザーが分散している傾向があり、これはApple.com Worldwide Sitesでも同様だという。一方で、Alibaba.com Corporationではアジアパシフィックからのアクセスが85.7%、楽天も同様に72.7%と特定の地域からアクセスが多いとしている。

2011年6月 ストア・オークションサイト訪問者の地域別割合