米TIME、2011年のベストWebサイト50を発表

米TIMEは8月16日(現地時間)、2011年のベストWebサイト50(The 50 Best Websites of 2011)を発表した。Music & Video / News & Info / Social Media / Gamesなど10ジャンルに分けて発表されており、主に米国(英語)でサービスやコンテンツを提供しているWebサイトが選ばれている。

ソーシャルメディアジャンルでは、2011年6月に発表されたGoogleのソーシャルサービス「Google+」や、ソーシャルメディア上での影響力を分析できる「Klout」などが選ばれている。

また、サービス開始から約3年でユーザー数が1000万人を超えたデジタルノート「Evernote」、スクリーン共有サービスやチャットを提供する「Join.me」、世界中のあらゆる話題を提供するブログ&ビデオサイト「Big Think」、気になるWebコンテンツをあとで読めるようにする「Instapaper」など、話題となったWebサイトや成長を続けるWebサイトが選ばれている。

なお、ベストWebサイト50は、米TIMEのホームページで見ることができる。